◆Twitter:maki_aoi ◆pixiv:4400386 ◆二次創作小説書いてます ◆管理人:真木 葵
100年
先日、祖母が亡くなりました。


ブログに書くのもどうかと思いますが、
自分の心のなかにあるものをそのまま黙って眠らせておく事が出来ない性分といいますか、
落ち着いて文字に起こす事で、それが私には気晴らしとなります。
そんなものネットに公開するんじゃないと怒られない範囲で書きます。


亡くなる約二か月前、母から連絡がありました。
もうそろそろ覚悟しておいた方がいいだろうとの事でした。
実感はありません。
ただ、逢いに行くたびに祖母が干からびていくのを感じてました。

私と祖母は、時間の流れが違う世界に身を置いているのではないか、と疑える程でした。
看護師の母は言います。
若い人の一年は、年寄りにとって五年くらいだと思いなさいと。
若い人っていうのは私をさします。
でも私もいい歳です。
十代の若者の一年と比べたらきっと、もっと長い月日が経っているんだと思います。

亡くなる約一年前。
祖母は私が解らなくなりました。

耳元で大声で「ばーちゃん、飯~!」って言うと、はたと気がつきます。
そして私だと解らなかった理由に必ず「髪型が変わっているから解らなかった」と言いました。

私はそんなにおしゃれじゃありません。
ショートにしてしまえばショートのまんま。
髪が伸びればお団子のまんま。

でもおばぁちゃんの話に合わせます。

「この間、美容院いってきた」
「伸びたから縛った」
「暑いから切った」
「髪型変えたんじゃなくて染めたんだよ」

そのうちに、祖母は視力聴力共に失い、嘘をつく必要もなくなりました。
その代わり、嘘のコミュニケーションすら取れなくなりました。

それからは早かったです。
私の多忙な一年と、祖母の過ごした一年は、はたして本当に同じ“一年”なのかと本当に思います。

仕事がきつかった。
仕事というより人付き合いが困難の極地だった。
週に2回くらいは転職サイト眺める時間があった位…
私には怒涛の一年だった。

祖母の最期の一年は、
ただただ老いるだけだった。
視力と聴力を失った。
ベッドから起きれなくなった。
食事も殆どしなくなった。

亡くなる直前に逢いに行った時。
寝たきりの祖母の浮腫んだ足をさすっていた。
私の筋力を少しだけでもいいから分けてあげられたらと思った。
私の視力を少しだけでもいいから譲ってあげられたらと思った。
私の底知れぬ食欲を好きなだけ持ってっていいからとも思った。

2015年は八か所、全国でも有名なお寺や神社に行ってきた。
そこでお賽銭を払って神様にお願いしてきましたけど、
聞き入れては頂けませんでした。
せめて視力だけでもと思いましたが…
そんな都合の良い奇跡は、
数百円の御賽銭では叶いませんでした。

祖母の食事介助をする母の横で、
部屋の壁に貼ってある、祖母の書いた習字を見ました。

それは短歌だったり、
「野焼き」「稲刈り」といった単語だったり、色々あった。

施設から見える景色を見て綴った短歌。
施設から見える風景を言葉にして書いてあった。

その中にひとつ“ほたる”とあった。
殆どの習字は、目に見えた筈の単語だったけれど、ほたるっていうのはどういう事だろうか。

私が子供の頃に生まれ育った場所では確かにほたるが見えた。
でも、今はおそらくもういない。
施設の周りに川はあったけれど、おそらく生息していない。

祖母は、先に聴力を失った。
だから小川のせせらぎなど聞こえなかった筈だ。
でも、山と自然に囲まれた施設の中で、
十数年前に見ていた“ほたるのいる風景”を思い返していたのだろうか。

まだ元気に過ごしていた頃、
飼い犬も元気で、
スクーターにも乗ってて、
孫の面倒を見て、
ほたるもいて、
庭なんか蛇も出て、
梅が咲いて、
桜が散って、
数年に一回は雪が降って、
そして何よりも、
家族が全員揃っていた。



仕事の朝。
スマホの目覚ましが鳴って起きた時。

「おばあちゃんが亡くなりました」

と、母からのメールを見ました。


実感はありませんでした。

仕事終わって帰ってくれば、ご飯食べてお風呂でてそのまま寝ちゃいます。
亡くなる前におばあちゃんが逢いに来ることもなければ、夢にも出てきません。
ただ爆睡して朝起きたら知らされたっていうただそんな感じでした。


人生で初めて家族を失いました。
お葬式自体、人生で初めてです。
喪服なんて持っていません。

スーツケースにとりあえず荷物を入れて、
職場の上司に連絡して、
最期の御別れの為に帰省。

実感はありません。
ただただ、スマホでツイッター眺めたり、ネットゲームしたり。

私は泣くと、半端ない頭痛に襲われます。
ドラマだとか映画だとかで感動して泣いてもロキソニンのみます。
だから泣くのは本当にいやだったんですけれど、

さすがに我慢は出来ませんでした。

ひたすら“腹減った~”とか“あのアニメまだ見てないなぁ”とか思って、
おばあちゃんの事を考えないようにしていましたけれど。

お葬式が終わりました。
棺桶の中で眠るおばあちゃんがつけていた指輪を一つ、
形見に貰いました。

火葬が終わりました。
遺体を見たのが初めてならば、
人骨を見たのも初めてです。

上顎骨や蝶形骨の一部が濃いピンク色しているのをみて
不思議に思っていたところ
それはFMCやBrが溶けてこういう色になるんですよと教えてくれて、
へぇ~と思った。
斎場のスタッフさんが前職歯科技工士だったと聞き、
なんだか不思議な縁を感じます。



そして、今日。
無事に納骨が終了しました。

おばあちゃんの形見の指輪だけつけて行きました。
でも、おばあちゃんの形見の指輪は増えました。

私には似合わないものばかりです。
そのうち、ちゃんとしたジュエリーボックスに入れて飾ります。
一つの指輪入れには「戦時中、金に変えた」とマジックで書かれてました。
生々しいです。
祖母にとっての指輪は、ファッションの一つではなかったんだと思いました。

本当はもっと、
書きたい事が山のようにあります。
それは、祖母との暮らしの思い出ではありません。
私が思う事はもっと違う事です。

でもそれを書いてしまったら、
私はすっきりしてしまうかもしれない。
それではいけない気がする。

まだしばらくは、祖母の死を突然思い出しては、
「死」とか「人生」とか「時間」とか、
小難しい事を考えようと、無い頭をオーバーヒートさせそうです。


人は亡くなったら何処にいくんでしょうか。
極楽浄土なんてあるんでしょうか。
ご先祖様なんて本当にいるんでしょうか。
何て言ってるんだか聞き取れない御経って本当にありがたいんでしょうか。
御経をあげらて人は嬉しいんでしょうか。
葬式なんて本当に死んだ人が望んでいるんでしょうか。

おばあちゃんはもう何処にもいないのに。
生きてる人間が勝手にやってるだけっていう感じがしてどうしようもなかったです。


私は自分が死んだら何もしないで欲しいと、漠然とそう思います。
多分、死んだら消える気がします。
使い物にならなくなった体を普通に燃やしてもらえればそれで結構。
三途の川になんか行かない。
現世にも留まらない。

蝋燭の火が消えるように、ただ居なくなるだけだから。

仰々しい事はせず。
静かに幕を引いて終わりたい。


今はただ、そう思います。





今度
おばあちゃんが箱ごと食べちゃう位に好きだったみかんを持って、
御参りにいきましょう。

もうきっと
「髪型が違うから解らなかった」なんて言われる事もないでしょう――。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
人間を金縛りさせる事が出来る幽霊なら何故、世界征服しないのか!するだろ普通!
 金縛り

 若い頃、結構頻繁に経験していた。
 最近は全く起きない。

 若い頃に経験していた金縛りは、決して霊的なものではなかった。
 金縛りの最中に幽霊を見たとか、そんなことはなかった。
 ただちょっと頭に「なんだこれ?」って思う事はあったけど…

 私が経験していた金縛りは100%ただの疲労とかが引き起こす現象だった。
 朝まで起きてた時とか、体調悪い時とか。

 寝ている時に決まって起きる現象で、眠りが浅い時に脳が目覚めるけど体は眠っていて動かない…という言い表し方が一番しっくりくるだろうか。
 必死に体を動かそうとするんだけど動かない。
 寝室で横になってるって解っているんだけど、それが本当に目を開けて見ている景色かわからない。
 ただ必死に明かりをつけようと、枕元に置いているTVのリモコンをとろうとしたり、メガネに手を伸ばそうとしていて全く体が動かない状態がしばらく続いて…そして目が覚める。

 自分が経験していた金縛りは、絶対に霊的なものじゃないと確信があるけれど「あれは何だったんだろう」と思う現象もしばしばあった。けどその話はとりあえず置いといて。

 もし霊的な金縛りが本当にあるんだとしたら、何が原因で起きてるんだろう?と思った。
 …まぁ、暇だったので。ってかyoutubeで都市伝説とか怖い動画とかちょっと見ていて疑問に思って。

 ひとつは怖い幽霊が人間に対して実行しているっていう、よくある設定?
 まぁこれが無難なんだろうけど。
 でもさー、幽霊ってほんとにそんなことできちゃうわけ?って疑問に思うよね。
 そんな事できるんだったら、幽霊が一致団結して人間の世界を牛耳っちゃうことだってできるでしょうに、なんでそんな寝ている人間一人や二人に対して悪質ないじめっぽい感じで終わらせちゃってるわけ?って思わない?

 人の体を一定時間動けなくさせる能力とか、すごくない?
 それ本格的に研究したらすごい兵器になると思うんだけど。
 だから私は、この幽霊が人間に対して実行している説は、正直あんま信じてないんだよね。自分が金縛り中に幽霊が見えて「今おれっちが金縛っちゃってるんだぜーうぃっしゅ!」みたいなもの見たことないからねぇ…。


 んで、私が思う金縛りの正体は、守護霊説。勝手に説とかつけてみる。
 これは私が若い頃に実際に金縛りを経験して、その当時は幽霊とか見えなくても「見えないから怖い」っていう部分もあって、正直ほんとになんでこんな事が起きるんだろうって本気で悩んでいたりもしたんだけどさ。

 だんだん金縛りに慣れてきた頃に「あ、来る」っていうのが徐々に解ってきた。その時に冷静になっている自分が居て…っていうか冷静になれる事が出来てきたんだよね。
 それまで必死に「電気をつけよう!」「テレビをつけよう!」「メガネかけよう!」「体を起そう!」って必死になっていたんだけど、何かよくわからない安心感みたいなものを感じたっていうか、それまでは金縛りが解けた瞬間に“全力疾走していたのか”って位に心拍数が大暴れしていたのが、なくなってきたんだよね。

 だから、これってもしかすると守護霊ポジの良い幽霊が「今ちょっと悪霊来たから、結界はるからお前起きるなよ」的な感じで守ってくれちゃったりしてるんじゃない?とか思うわけですよ。
 もしそれがなかったらがっつり悪霊が見えたり首締められたりするんだけど、実はそうならない為に良い幽霊が頑張ってくれてるんじゃなかろうか…っていうね。


 そして、最後に。
 “あの世”とのリンク説

 この世と、あの世。
 私は当然あの世を見たことないし、どんなところかは想像できない。
 でももし、あの世とこの世が「同じ景色」なんだけど「空間だけ」が違うとしたら。

 つまり、私の部屋はあの世にもある。
 この世とあの世はつながっているけど、普段はちゃんと別々になってる。

 私が今いる世界が、この世。
 金縛りが起きて幽霊が見えちゃっている時間に自分の意識が存在するのが、あの世。

 あの世では人間は動けない。
 意識が体に入っているから。

 でも、あの世では幽霊は動ける。
 なぜなら、意識がおさまっていた体が存在しないから。

 金縛りっていうのは実は、死後の世界を垣間見ちゃっているとかそういう事なのではないだろうか?っていう、ちょっと突拍子もないっていうか、全然根拠とかないんだけど、なんかそんな事なのかなぁ~…って思った。

 だから、そんなに霊感ががっつりあるわけじゃないような人が「やべ、見えちゃった!」「体験しちゃった!」ってなるのは、その人の能力なんじゃなくて、その場に「あの世」が浮かび上がってその空間に入り込んでしまったようなものなんじゃないかなって思うわけよ。

 それにさ、人間が動けなくて幽霊が動けるってなんでなのよ?
 とか思うのよね。


 そもそも、おかしいよね。
 幽霊って実体ないんでしょ?でも人間を動けなくさせる事が出来たり、のろったり、たたったり、絶対幽霊VS人間なんて勝ち目ないじゃん!って思うくらい、幽霊の特殊能力ってチートでしょって話。
 でも、幽霊を見たことない人は多い。
 信じていない人も多い。
 なぜなら、そんなにメジャーじゃないっていうか、幽霊が派手に行動おこして人間の世界に反旗を翻しているような事が起きてないからさ…
 TVカメラにピースして写りこむような幽霊とかいないしさ。

 昔ふと思った事なんだけど。
 霊感っていうのは人間にあるんじゃなくて、幽霊にあるもんなんじゃないかな?って考えた事があったんだよね。

 たとえば自分が死んだとするじゃん。
 あーやべ死んじゃった、最期に親に謝っとくかなぁ~とか、友達に漫画貸す約束してたなぁ~とか、自分が完全にこの世から去る前に「逢いたい人」っているわけじゃん。
 でも、その逢いたい人が必ずしも霊感あるとは限らないじゃん。

 親とか友達とか恋人とか、自分の姿を見てもらいたい・想いを伝えたい人には見えなくってさ。
 その辺の太ったおっさんとかが「なんや自分死んでもーたんか」みたいに見えたら、おいおいお前に逢いに来たわけじゃねーよ!って思うわけじゃん。
 でもそこで、身内に自分の姿を見てもらうには幽霊になった自分が霊感ないとだめなわけじゃん。言ってる事が支離死滅なのは解ってるんだけど、そこでやっぱり最期に逢いたい人に逢うためには生前から霊感トレーニングとかしとけばいいんじゃね?www

 あー、まぁつまり、それだ。


 幽霊って何なんだろうなぁ~。
 死ぬ前に絶対解明されて欲しいわ~とか本気で思うわ~。
 なんかもうUFOとかさー、幽霊とかさー、説でいいから誰か正体教えてー。
 信じるか信じないかは、私次第だけどさw



 とりあえず、がっつり昼寝ができた休日にね。
 なんでこんな事をブログに書いたのかっていうのはさ。
 まぁ、暇だったからっていうのもあるけど…。


 それだけじゃなかったりする。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
軽い絶望
まだまだ、行きたい所や参加したいイベントや、欲しいものや、やりたい事が山の様にあって。
人生まだまだ楽しみたい所ですが。
軽い絶望を味わいました。
私は何が起きても前向きというか、諦められるというか、これがダメならそれ、あれが無理ならこれと、簡単に方向転換してしまう考え方ですが。
どうにも、こればかりは乗り越えられない障害が立ち塞がりまして。
普段は何とか忘れて生活していますけど。
ふとしたときに思い出し、胸の中に重油の沼みたいなものが広がりまくりです。

人間ドックの結果が悪かった―――という事です。

例えばそれが、ただのメタボだとか血圧高いとか、五臓六腑が腐りかけてます的な結果なら「まぁこんな生活送ってりゃそうなるわな」とも思えるのですが…

心配していた所とは全く違う箇所からの警告でした。

総合病院へ行き、再検査を行いました。
その結果が、あまり芳しくありませんでした。
今度、精密検査です。
別にいいよ検査なんかしなくたって医者は解ってるんでしょ?はっきり言ってよ…
とか思うのですが、まだ審判は下されていません。

なんでしょね。
この、真綿で首をぎゅ~~~されてる感じ…ははは、笑うしかねぇ==;

足が無くなったって腕が無くなったって、臓器の1つや2つ失ったってへらへら笑って生きていける自信はあるんですけどねぇ…
命よりも大切なものを失うかもしれない。大丈夫かもしれない。でも将来的には危ない。

病は気からとは良く言ったもので、医者から再検査結果を聞かされてから、体は元気な筈なのに疲労感を伴う時がある。
好きなアニメみたり漫画読んだりしてる時に、あとどれぐらいこんな風に自由を満喫出来るんだろうなんて考えたり。

鬱ではないんだけど、軽い憂鬱感が慢性的に襲ってきます。
今からでもいいから医者に「うっそぴょ~ん」って言って欲しいです。いや、マジで言われたらぶん殴りますけどw

あー眠い。
明日アニメイトいってこよ…
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
懐かしい潮騒の街で
今の実家は引越後、生まれ育った街は車で40分。
用事があったので行って来ました。
そしてついでに、海岸沿いを車で走ってきました。(あたかも自分が運転してドライブしてきたみたいな書き方をしていますが、紛れもなく私はペーパーです・・・)

「あ、この道」

正規の通学路ではなかったけれど、思い出の道を通りました。
中学生の頃、良く友人と一緒に行ったラーメン屋さんのある通りです。

裏門から出る事5~10分くらいだったかな。
海沿いの道にある美味しいラーメン屋さん。
ネギ抜きで頼んだチャーシュー麺ばっかり食べてました。

でも、店は閉まってました。
看板がありません。
なんて名前だったかな…あんなに良く行ったのに忘れちゃったなぁ。
と思ったら、母が覚えていました。

そう!そんな名前だった!(笑)

と、本当に懐かしい子供の頃の思い出が蘇ります。
兄弟三人もと同じ中学に通っていたので、兄貴も良く行っていたらしくて母は名前を覚えていたらしいのですが、正直私は思い出深い事は思い出深いのですが、回数で言えばそんなに頻繁には行ってません。
だからきっと兄貴が良く行ってて、母に「あそこのラーメンはうまい」と言っていたのかもしれません。ちなみに真ん中の兄貴は焼き鳥屋さんで買い食いして帰って来ていた記憶があります(笑)

ラーメンを食べた後は友達と別れ、正規の通学路へは戻らず、海岸沿いの道をずーっと自転車で帰っていました。信号一つなく、いつの季節もサーファーが居るような海の街でした。

お店が開いていたら飛び込んでいたかも(笑)

私はかなり頻繁に引っ越しをしてきたくらい、別に一カ所の街にとどまりたいっていう気持ちが全くないんだけど、それでも18まで生まれ育った街だけは特別に沢山の思い出がありますね。

今ではその中学もなくなってしまいましたし、どことなく街も閑散としていましたけど、それでも新しいお店が出来ていたり、駅が綺麗になっていたりと変わっていきます。
時間が出来たら、ゆっくり帰って探索したいですねぇ…。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
人生初の盗難にあいました。
いやはや吃驚、ただただ唖然。
まぁ100%こっちが“悪い”わけですから騒ぎ立てたりしませんが。

それでも私は、一体どんな犯人がどんな動機で取っていったのか。
それだけが知りたいなぁと思いました。

仕事が終わってスーパーで買い物。
その後、100円均一で300円程度のお買い物。

自転車の籠にスーパーの買い物袋を入れ、その上に100円均一で買った三つばかりの掃除用具を入れていた。
100円均一の白い普通の買い物袋、持ち手の部分を結んでいた。
知らない人がみれば、ゴミ袋が乗ってる様にしか見えなかったでしょう。

水曜日だったからサンデー買いに書店に寄りました。
時間にして2~3分。
駐輪所には大して自転車は止まってなくて、私は買い物袋を籠にいれたまま店の中に入って行きました。
まぁ、こう書けば“そりゃ放置したお前が悪い”になるでしょうね。
自分でもそう思いますけど、ただちょっと首を傾げたくなるんですよね。

例えば、バッグをいれっぱなしだとか、立派な紙袋に入った商品だとか、そういったものなら盗みたいと思われてもまぁしょうがないかなぁって思うんですけどね。
100円均一の白いビニール袋を口を結んで、見るからにゴミ袋みたいな状態の袋なんて盗みたいと思うのかなって…

しかも言わせて貰えば、その下に入っていたスーパーで買った袋の方がはるかに金額高いし(総額二千円くらい)そっちが盗まれたのならともかく、上に乗っていた袋だけが盗まれていたって事は、中身を良く確認せずにとりあえず籠の袋をさっと取っていったっていう状況なんじゃないかなって。

他人の自転車の、ゴミ袋にしか見えない袋、中身が何入ってるんだか解らないような状態で(しかもただの掃除用具)そんなもんを盗みたいという心情が理解できなくて。
しかも、それ、万が一私に見られて騒ぎ立てられたら、たかだか300円程度の商品の為に警察沙汰になって、そんなリスクを背負ってまで盗みたいものだと思ったのか!?

っていう、疑問。

そこまでギリギリの生活をしている様な人間が夜中の書店をうろついているとも考えづらいし、ただの子供の悪戯だったらそれこそ食品の方でも奪って地面に散乱させとけよって思うし。
一体どんな理由でそんな事をしたのか、ただただそれだけが知りたいですね。

別に商品を返せとも言わないし、謝って欲しいとも言わないから、なんで取ったのかだけが知りたいと思いましたね。

私だったら他人の自転車の籠に入ってるゴミ袋みたいな荷物、冗談でも取ったりしないし。

万が一、億が一、他人の物が欲しくて盗むとしても絶対に“誰かに見られている”と思うと実行なんて出来ないし。
そんなに手際よくないし。そんな事する為に手際よくなりたいとも思わないし。どうシミュレーションしても人の物を盗みたいと思えないし。

1 本当に生活に困っている人が取ったのか。
2 子供が悪戯で盗ったのか。
3 酔っ払いが取っていったのか。
4 その他

真相がわからないってこんなに気持ち悪いんですねぇ。
来週の水曜日も同じ事をして、影から犯人を見つけて追いかけてインタビューしたいですわ。
まぁ、しないけど。ってか、絶対追いかけられないしw

でもこれが盗難で良かったなぁって思いましたね。
自転車で走っている時に、後ろからバイクや車でバッグひったくられでもしたら私、絶対転ぶ自信があるし、そんな事したら絶対怪我する自信があるし。負の要素満点ですからね。
ただでさえふらふら走ってるのに(笑)

自転車で転んで縁石に頭ガーン打って脳内出血でもしたら流石の私でも助かりませんわ。そこまで派手なスピード出して走ってないけどさw

つか、この平和な日本でどうやって育てばそんな人の物を簡単に盗める人間になるのか知りたいですわ。
私は過去三度、万引きの現場を目撃しているけど(子供の頃だったから通報出来なかった事許してちょん)ああいうのっていうのはゲーム感覚っていうかスリルがあるんだってテレビで言ってたかなぁ。

でもさ、ママチャリのゴミ袋を盗むって…ほんとにどうかしてるっしょ…
荷物放置する方もどうにかしてるって思うだろうけどさぁ…
なんだかなぁー、あんなもん盗んで嬉しいのかなぁ、中身みて「なんだよこれ…」ってなんないのかなぁ、使わずに捨てるなら返せよなぁーあほーばかー。

高校生の頃、自転車置き場にチャリ止めてて帰りに盗まれてて、先生に「鍵かけてたか?」って真っ先に聴かれて「掛けてなかった」って答えて「それじゃお前が悪い」って言われてからは必ず鍵はかけるようにしたけど。

駅やら公共の場ならともかく、なんでみんな自転車でくる生徒が止める自転車置き場で鍵なんかかける必要があるんだ?と思いつつ、「お前“も”悪い」ならともかく「お前“が”悪い」なのか自問自答しつつ、防犯なんか必要ない世界とか何処かにないのかなぁ~…とか思って。

人の物を盗めるって、なんだか未知の世界だわ。あーでも、二次創作とかも同罪なのかして。だったら気持ちは理解出来るけど、さすがにゴミ袋はないわ…。

300円+税(100円均一での買い物が面倒になった8%とかまぢ天敵…)を盗まれた事で、心に新たなもやもやが生まれました。読みかけの推理小説で「犯人はお前だ!」の後が白紙になっているような状況。

そうそう、そういえば今週のサンデーの展開がやばかったなwww
まただまされたよ!!!だまされたのが嬉しくてしょうがないよ!!!
やっぱり赤井さんの死体は楠田陸道で決まりかな、っていうかまさか安室さんの正体に公安警察が絡んできているとか、なんか展開がやばすぎる。

組織編が動き出すのはめっちゃ嬉しいんだけど、それだけ最終回に近付いてきているのかと思うとそれは悲しいし、それにどちらかというと組織編に絡んできてキッド様!快斗様!どかんと登場、もしくはコナンくんの切り札として華麗に登場して欲しいっすなw

4/19(土)には観に行けないかもしれないけど、レイトショーとかでもあれば観に行けるかもしれないけど、とにかく異次元の狙撃手、超楽しみですわw

あれ、何書いてるんだ(笑)


えっと。

皆さんも盗難には気を付けましょうね~!!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ジャングルジム

 一度も“頂上”まで登った事がないジャングルジム。
 一番下の段に足をかけ、二段目、三段目あたりまでなら登った事がある。
 それ以上は、登った事がない。
 登れなかった。
 手を離し、地面に着地しても足が痛まない程度の高さまでしか登れなかった。
 力尽きて落ちてしまう事を怖がっていた。
 それが子供の頃。
 夕日に照らされ影となったジャングルジムは、大きなお城の様だった。

 いつの間にか公園には行かなくなり、ジャングルジムは普通の遊具へと退化した。
 椅子代わりに腰掛ける事はあっても、登らなかった。
 登ろうと思えば登れたのかもしれないけれど、子供の頃の恐怖感が心の底にあった。
 登ってみたいとも思わなかった。
 大きなお城の様だったジャングルジムは、ただの公園のシンボルだった。

 色んな意味で“登れなくなった”今では、普通の遊具から大きなお城へと戻っていく。
 私は、ただの一度もあの頂上まで辿り着く事が出来ずに死ぬんだろう。
 ジャングルジムのてっぺんに登った事がある人はどれぐらいいるんだろう。
 今でも年齢や羞恥心を気にせずに登れる大人はどれぐらいいるんだろう。

 あの上から見る景色は、どんなんだろう。
 地上三十階建てのビルから見る景色の方が余程高いだろうに、それでもジャングルジムの上から見る景色に淡い期待を抱いているのは何故だろう。

 カラフルなジャングルジムの骨組みである、一本の鉄パイプを握りしめる。
 とても頑丈で、とても硬い。
 子供の頃に身近にあった、間接が錆びついている頼りないジャングルジムとは違う。
 それでも、私は登れない。

 二度と出来ない事が、増えていく。
 一度はやってみたかった事が、増えていく。

 ジャングルジムのてっぺんに登って、不安定な足場にしがみついて、そこから見える景色を一度でいいから見てみたかったなぁ…と思った、とある休日。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
どうなってるの?
かなりの物件数を目星つけていたにもかかわらず全滅。
もう入っちゃいましたとか予約で埋まってるとか。
言われてから1日経ったのにネットで検索すればまだ載ってる。
削除しないの?おとりなの?って疑っちゃう。

実際、前にも書いたけど過去8回引っ越し経験あるけど、
不動産屋さんの窓に貼ってる物件って大体ないよね。
ネットで探せるようになって便利になったもんだと思いきや、
全部入られちゃったうえに、未だに検索でヒットするっていうね。
紛らわしいから消して欲しいわ==;
これこそまさに事故物件だわ…

すむーずにいかないもんね。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ぷち旅
今日はとある事情により、東京と千葉を行ったり来たりしていました。
走行距離どれぐらいなものだろうか。

途中間は定期があったものの、他の区域の電車代だけで2000円以上飛んで、そしてこの歳で生まれてはじめてバスの支払いをPASMO使用!という貴重な経験を(笑)

乗り物酔いが激しいので私は滅多にバスには乗らないので、乗るとしても5分とか10分程度だったり無料送迎バスのみだったりします。今日も乗ったのは10分くらいかなぁ?

乗ってすぐスマホ出してTwitterみてたりして「次は~○○~」っていうのを聞き逃しそうになってしまい危ない危ない!
知らない土地でやってはいけない事ナンバーワンですね。
しかも私は極度の方向音痴、地図が読めない、乗り物に酔う!っていう、一人で何処にでも行くけど一人ではロクにたどり着けない人です。それでも元気に生きてますが(笑)

そしてちょっと楽しかったのが、お天気アプリのウィジットに表記されている現在位置ポインターが地味に移動しているのが見ていて楽しかったです。
生憎、天気の変化は感じられなかったのですが、普段GPS機能とかあんまし使わないので。

道に迷う人がGPS使わないってどういう事!?
と思われがちですが、先日ね、とある「駅から徒歩五分」って言う場所に着くのに40分かかったんですよ私。地図がさっぱり読めなくて、通行人に声かけられそうな人もいなくて。
スマホのGPSつけたって地図が読めないんだもん!どうしようもないんだよ。

田舎で生まれ育ったからなのかな?ほら、田舎って基本的に目的地が見えてたりするじゃん?私は特に田んぼのど真ん中で生まれたからさ。田植えの時期に生まれたからさ(笑)

帰りは友人と駅まで帰ったので、その時に「いや実はさ~」って本当に方向音痴で困っている事を愚痴ってみたりしても「この地図ちょっと解りづらいもんね」とフォローをしてくれつつも、ヒールの音をカツンカツン言わせながら颯爽と歩く凛々しい友人がとても羨ましかったです==;


別に旅行していた訳ではないのですが、1日の移動距離が私にしてみたら「ぷち旅」でした。色々途中下車したので写真でも撮れば良かったな♪

その時に、とある駅で降りてとある場所に立ち寄りました。
そこは、私が若い頃に友人達と良く一緒に行っていた花火大会の集合場所です。
その駅にはあまり用事がなく、花火大会以外で行った事はなかったのですが、電車から降りて駅のホームを見てふと「あ、此処は花火の駅だ!」と懐かしい思い出が蘇りました。

用事を済ませて帰る前に――と、駅中にある待ち合わせ場所へ。
久しぶりに一人で来て、でも全く変わって居ないあの階段を見て懐かしくなりました。
若い頃の思い出っていうのはなかなか色褪せないもので、元気が回復しました。…って別に落ち込むような事があった訳じゃないんだけど、疲れたり眠かったり色々あるからね。

私は結構いい歳ですが、実は中学時代の手紙とかまだ持っていたりするんです。
年賀状とかもね。
今はもう、何処で誰と暮らしているのか解らない友人ばかりですが、だからなんでしょうかね?なかなか捨てられずにずっとずっととっておいてあるんです。
今の若い子たちはTwitterやLINE、SNS関連で繋がっているから例え住む場所が変わってもなかなか疎遠になったりなんてしないでしょうけれど、昔はそういった便利なものがなかったからね。

その代わり、こうして“かたち”が残っているから、不便だった時代もなかなか捨てたもんじゃないんですよ?なんて言ってみたり。

いつかそのうち、もしかしたら「そろそろ捨てようかな」と思う頃がやってくるのかもしれませんが、今はまだ大切にクローゼットの奥にしまっておく事にします。

なんだかちょっぴりセンチメンタルなお話でした。
とか言いつつ、大盛りカレー食べてきたんだけどね(笑)からかった~!
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
“保留”のコーヒー

二人組の男性が、あるコーヒーショップへ入る。
店員に「コーヒーを五つください。三つは保留で」と注文をする。

二人の男性はそれぞれコーヒーを一杯ずつ頂き、
店を去る際に、五杯分のコーヒー代を支払って帰る。

暫くすると、見窄らしい格好をした人が店にやってきて、
「すみません、今日は“保留”のコーヒーはありますか?」と店員に問い掛ける。

店員は「はい、ございますよ」と答え、
ホームレスは温かいコーヒーを頂いて、店を後にした。



イタリア発祥の、善意のお話らしいです。

お金がなくて温かい飲み物や食べ物を口にする事が出来ない人の為に、
裕福な人がお金を払っておき、それを頂けるというお話だそうです。

こういうお話は、皆さんどう思われますかね?


私はとても良いシステムだと思ったのですが…
それでも脳裏を過ぎるのは「生活保護費を“生活の為”に使わず娯楽に費やす人達や、働く事が出来るのに保護を受けようとする人達」の事や、お金があるのにも関わらず“保留のコーヒー”を貰おうとする考えの人間が出てくるんじゃないか?という事。

人が誰かの為にと考えて行動を起こす事はとても素晴らしい事だけれど、それを間違って受け取る人達が居る事が酷く悲しい訳ですね。

自分の善意が、必ず、それを必要としている人へ渡るのだったら…
それはとても嬉しい事だろう。
けれど悲しい事に、必ずしも必要としている人へ届くとは限らない。

この話を読んで、普通の人はどう考えるのかな。
良いシステムだと思うのか、穴があると指摘するのか。
それとも保留のコーヒー代を支払う人はそもそも、
誰の手に渡るかなんて考えているわけじゃないのだろうか…。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ひねくれ者の花嫌い
ひねくれ者の花嫌いの続きを読む
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
記念となる日。
今日は、人生の分岐に立つような記念となる日でした。
これから先の人生、つらい事があっても今日の事を思い出して、
壁を乗り越えていけたらと思います。

更新頻度はこれまで以上に減りますが、
物書きは唯一の趣味なので、時間を見つけてはUPして行きたいと思います。
何の記念日なのかは…

秘密です=w=b
別窓 | 未分類 | トラックバック:0
どんより
どんよりの続きを読む
別窓 | 未分類
第1493回「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の加瀬です(^v^)/今日のテーマは「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」です!夏といえば「怖い話」ですよね…!最近テレビでよく怪談特集をしているのを見かけます怖い話が大好き...
FC2 トラックバックテーマ:「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」


 家族が帰ってくるまでの、ほんの二時間くらいの出来事です。
 私にとって、一体何だったのか今でも不思議に思う体験です。
第1493回「とっておきの【怖い話】教えて下さい…!」の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
TwitterのIDを元に戻しました
以前、アカウントを取り直した際にIDを変更しなければならなくなり「makiaoi_」と変えたのですが、さっきアカウントは変えずID変更が出来たので以前の「maki_aoi」に戻しました。
(IDがずっと戻せなかったんですょねー)

アカウントは変わっていないので、今まで通りまたおつきあい頂ければと思いますが、万が一何か不具合があれば連絡下さい。
普通に呟いたり会話が出来たので、問題ないとは思いますが一応ご報告でした。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
無表情な子供達
母親の買い物に付き合っていた時の話。

父を車に待たせ、のんびり週末のショッピングセンターを満喫していた。
私は文具店に用事があり、そのまま近くにある女性トイレへ入った。
個室に入る時に、親子連れが向かいのトイレへ入った。
子供は、小学校低学年か少し上くらいだったと思う。

女性トイレへ入った時から、母親が逐一子供に言葉を掛けていた。
最初は気にしていなかったのだが、個室から聞こえる声が段々とエスカレート。
子供に対して「いいから早くしなさい」「なにやってるの!」と怒鳴るような…。
私は手を洗い、鏡の前で髪を直していた。
そして、親子連れが個室から出てくる。

どれだけ落ち着きのない子供なのかと思いきや、母親に数秒間隔で説教されている女の子は、ただただ無表情だった。
手を洗おうと洗面台に手を出しただけで「そこはダメ!水がはねるでしょ!」とか「いつまで洗ってるの早くしなさい!」だのと、何だか見ていて不憫で仕方がなかった。

子供は一切口答えせず、黙って母親の言うことを聞いて居る。
少しも顔に感情を出している気配が見受けられない。
母親がそこまで叱らなければいけない様な行動を取っているとは到底思えない。
私は未婚で子供もいないから解らないだけなのだろうか。

トイレから出ると、私の母親が待っていた。
次は何処の店に入ろうかと、にこにこしながら待っている。
買い物袋を手にもって。
私も親に叱られて育ったけれど、あんな風ではなかったと思う。

そして生鮮食品売り場で食材を買って帰るとき。
今度は違う親子の、同じ様な現場に遭遇した。
母親が子供に対して「お前バカだろ」「てめぇいい加減にしろ」「ふざけんな」と。
怒られている子供は、常に親の側にいて、悪ふざけをしている気配は全く無い。

躾は大事だと思うけれど、見ていてそれが“躾”なのか疑問に思う。
子供達は、泣きもせずに言う事を聞いて居る。
怒鳴ったり言葉汚い文句で、他人が沢山居る場所で、あんなに叱る必要があるのか。


私も親にならなければ、解らないけれど。
第三者として、無表情な子供達が少しだけ心配になった。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
私が言った事は全て嘘だった
私が言った事は全て嘘だったの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
記憶力のメカニズム
素朴な疑問から生まれた、くだらない話をずらずらと…。
記憶力のメカニズムの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
プラスとマイナス
言葉に細心の注意を払って書くけれど、必ず人には不快に思われる。
プラスとマイナスの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
本音と建前
スラックティビズム(英: slacktivism)
「怠け者(slacker)」と「社会運動(activism)」とを掛け合わせた合成語である。
努力や負担を負わずに、社会運動めいたことをする行為を指す。

この用語は、社会に意味のある影響を与えていないのに、社会にとって良い活動をしたつもりになる自己満足的行為について、軽蔑を込めて使われている。
こうしたスラックティビスト(スラックティビズムにあたる行為をする人)たちの行為は、多くの場合、個人の努力や負担を必要としない。
本音と建前の続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
【東北地方太平洋沖地震】に関する情報サイト集めました!
Google 被災地の避難所安否確認名簿
被災地の皆さまへ、避難所名簿共有サービス開始のお知らせ
→公開していただいた名簿画像は、インターネットを通じ、Picasa ウェブアルバム(短縮URL: goo.gl/ganbare)で、誰からでもアクセスすることができます。

宮城県『気仙沼市』被災・安否確認

総務省消防庁Twitter

通信各社の災害伝言板

生存者避難所名簿
(個人のブログです、HN.いちご様)



大した数ではありませんが、お役に立てればと思いリンクします。
この記事に限り、転載はご自由にどうぞ。
(個人のブログのみ、訪問先でのマナーをお守り下さい)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
真実とガセネタの中で、人々の呟きが行き交う
“暗すぎて今までに見た事ない位、星が綺麗だよ。仙台の皆、上を向くんだ!”


ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。
ちょっと派手目な女子高生達が必要以上に沢山貰っていて、
「何だ?」って一瞬思ったけれど、その後、その子達が避難所の子供達に
お菓子を配っているのを見て感動。
子供連れの親御さんは動けない状況だから、本当にありがたい心配りだった。


物が散乱しているスーパーで、落ちている商品を律儀に拾い、
そして列に黙って並びお金を払って買い物する。
運転再開した電車で混んでいるのに妊婦に席を譲るお年寄り。
この光景を見た外国人は絶句した様だ…本当だろう、この話。
凄いよ、日本。


国連からのコメント
「日本は今まで世界中に援助してきた援助大国だ。
 今回は国連が全力で日本を援助する」


1回の青信号で1台しか前に進めない何てザラだったけれど、
誰もが譲り合い、穏やかに運転している姿に感動した。
複雑な交差点で交通が5分以上完全に麻痺した時もあったけど、
10時間の間“お礼以外のクラクション”の音を耳にしなかった
恐怖と同時に心温まる時間で、日本がますます好きになった。


昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、
とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。
こんな喧騒の中でも自分に出来る事を見つけて実践している人に感動。
心温まった、東京も捨てたもんじゃないな。


終夜運転のメトロの職員に「大変ですね」って声掛けたら、
笑顔で「こんな時ですから!」だって。
捨てたもんじゃないね、感動した。


都心から4時間かけて歩いて思った。
歩道は溢れんばかりの人だったが、みんな整然と黙々と歩いていた。
コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事をしていた。
ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では帰宅困難者受け入れ施設が開設され、
鉄道も復旧して終夜運転するという。
凄い国だよ、GDP何位とか関係ない


4時間の道のりを歩いて帰るとき、
「トイレのご利用どうぞ!」と書いたスケッチブックを持って、
自宅のお手洗いを開放している人が居た。
日本って、やはり世界一温かい国だよね。
あれみたときは、感動して泣けて来た。



by.Twitter
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
宮城・茨城で大地震
転載します



転載構いません!ご自由にご自身のブログ等に掲載してください!
ただ、震源地近くの人、沿岸部の人は避難!!!

避難する際は、ガス栓閉めて、ブレーカー落とすように!

避難の際は、可能であれば以下を持ち出すように!(via twitter)
□現金
□身分証明書
□印鑑・預金通帳・保険証
□飲料水(1人1日3リットルが目安)
□非常食(缶詰、アルファー米、インスタント食品など)
□携帯電話と非常用充電器
□家族の写真(はぐれた時の確認用)




4mの波と津波の違い

●4メートルの波
            ザッパン

                          波
                         波
                      波波         ●
                    波波波         人
波波波波波波波波波波波波波波波波--------------


●4メートルの津波
  ←何十キロもの彼方までおんなじ高さ

          ゴゴゴゴゴゴゴ‥         

波波波波波波波波波波波波波波波波波波
波波波波波波波波波波波波波波波波波  
波波波波波波波波波波波波波波波波          Σ ●
波波波波波波波波波波波波波波波波           人
波波波波波波波波波波波波波波波---------------


以前載せましたが津波のイメージとしては、こういうものなので、
恐ろしさが分かったらとにかく早く避難!!!


■各種情報一覧(テレビが見れない人はここで確認)

NTT東日本 災害用伝言ダイヤル(171)
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/voice171/index.html

NTT東日本 災害用ブロードバンド伝言板(web171)
http://www.ntt-east.co.jp/saigai/web171/index.html

NTTドコモ iモード災害用伝言板
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

SoftBank 災害用伝言板サービス
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

au 災害用伝言板
http://dengon.ezweb.ne.jp/


以下のサイトでも現在の地震状況映像を見ることができます

Ustreamを地震で検索
検索結果: すべて, 並び: 視聴数(多い順), すべて, 1/2, 10/03/11
http://www.ustream.tv/discovery/live/all?q=%E5%9C%B0%E9%9C%87


USTREAM: fc2mh3: .
http://www.ustream.tv/channel/fc2mh3


ニコニコ生放送 「地震」 で検索 視聴者の多い順
http://live.nicovideo.jp/search?sort=view&target=onair&kind=content&word=
%E5%9C%B0%E9%9C%87&search_mode=onair&track=nicolive_onair_keywor


海外メディアの Live Stream 日本の地震状況放送中
Al Jazeera(アルジャジーラ)
English: Live Stream - Watch Now - Al Jazeera English
http://english.aljazeera.net/watch_now/

http://www.youtube.com/aljazeeraenglish

FOX Los Angeles Video Feed #1. Watch FOX 11
News and Good Day LA live online on myFOXla.com.
http://media.myfoxla.com/live/


■以下は非ライブの動画

Youtube動画投稿日順 最新
YouTube - 津波
http://www.youtube.com/results?search_type=videos&search_query=%E6%B4%A5%E6%
B3%A2&search_sort=video_date_uploaded&suggested_categories=25&uni=3


YouTube - tsunami
http://www.youtube.com/results?search_type=videos&search_query=tsunami&search
_sort=video_date_uploaded&suggested_categories=10%2C25%2C1%2C19&uni=3


Googleが本日起きた地震のあと、連絡のとれない家族や友人がいる方のために
以下のようなツールを提供したようです!

Google Person Finder: 2011 日本地震

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
F R I E N D S
このCMが好き。



喧嘩して、落ち込んで。
それでもまた、海へ通じる路地を一緒に歩いて帰る。
大切な、かけがえのない友達がいた。

あの頃を思い出す、そんなCM。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
神様が宿る木
帰り道にある公園で、子供が木に登っていた。

葉も枝も枯れ、痩せこけた細い木。

子供が登るには少々頼りなさげな木だったけれど、

あの子にとっては“大木”なのかも知れない。



その公園は、細い路地に面して周りをマンションで囲まれている、
細くて狭い寂れた場所だ。
数える程度の遊具と、砂場と、ベンチが窮屈そうに設置されている。

私は田舎で生まれて18で上京したから、
公園も広くて、公園以外にももっと一杯遊び場があった場所で育った。
一歩細い道に入れば、車も通らない草木の生い茂る大地があって、
家よりも高い木なんて沢山あった。

都会の子供達は、こんな僅かなスペースで遊んでいて楽しいのかなって思った。
こんなに危なげな枯れ木に登って、大丈夫なのかなぁって心配に思えた。

けれどそれは、大人の私の目から見て危ないと感じるだけなのであって、
あの子にとっては手頃な木なのだろうか。

それでも私が子供の頃に遊んでいた公園や田舎や神社には、
空に手が届きそうな程に高くて、
子供が何十人登ってもびくともしない太さを誇る大木があった。

今は家の中でTVゲームやネットばかりして、
ろくに外で遊ばない子供が増えてきたと言うけれど、
それでも、あんなに狭くて小さな公園で遊ぶ子供達を見て居ると、
私が生まれ育った田舎の自然で遊ばせてあげたいと思った。

正直に言えば、外で遊ぶのはあんまり好きではなかったけれど、
この木には神様がいそうだと思える位に立派な木々が生い茂っていた。
自転車を走らせれば海が何処までも続いていて、
小高い丘に登れば自然のプラネタリウムが見れる。

小学校の登下校の時間なんて、
そりゃ楽しかった。
今の子供達は集団下校が当たり前で、親が送迎していたり、携帯持たされたり。
時代が変わったせいなのだろうけれど、一抹の憐れみを感じる。






帰り道にある公園で、子供が木に登っているのを見た時。
ふと子供の頃を思い出した。

良く遊んだ神社の境内にある、屋根よりも高く聳える大木に登ってみたくて、
その下で、葉の隙間から見える空をずっと眺めていた時の事。

勇気が無くて結局登らなかったけれど、
公園に居た子供達だったら、きっと、迷う事なく登っていったんだろうなぁ…。




もしかしたら最近って木に登ると怒られるのかな?
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
結局は誰しも他人事なんだと一歩引いた所から事件を見つめている
市橋達也の本が出版されたそうですね。

東京→北関東→静岡→東北→四国→沖縄→関西→九州。
電車、船、バス、自転車、徒歩で転々と移動した。誰にも語らなかった、「逃げた後、捕まる」まで。
2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、
何を考えてきたのか。
市橋達也、拘置所からの懺悔の手記。

「卑怯にも逃げてしまった。被害者の方、さらにたくさんの人たちをもう一度傷つけることになった。すべてのものから逃げるのはやめよう、と決めた。2007年3月26日に警察から逃げて、2009年11月10日に逮捕されるまでの2年7カ月の間、どこにいて、どのような生活をし、何を考えてきたか。そこから逃げずに、自分が犯した罪の懺悔のひとつとして記したい。これによってどう批判されるかもわかっているつもりです。」

捜査機関に対し黙秘を続けてきた市橋達也が、これまで
ほとんど明らかにしてこなかった逃走生活の全貌を克明に書いた。
カバー画も、本文説明用の挿画も、本人直筆。



私は読んでいないのですが、正直な感想“読んで見たい”と思いました。
それは事件について詳しく知りたい訳でもないし、それ程知っている訳でもない。
じゃぁ何故読みたいのかと問われれば、ただ“興味が在る”とだけしか言えない。

それこそ、東野圭吾のロングセラー小説“手紙”を読みたいと思った時と、ほとんど同じ様な気持ちでしかない。
しかも“手紙”はフィクションだが、こっちはノンフィクションだ。

罪を犯した人間が、罪から逃れる為に生きた時間。
メディアが報道する偽りに人権を穢され、それでも身を隠し続けた日々。

同情なんてものではなく、犯罪者が辿った道筋に興味があるだけ。
犯罪を経験した事がない私にとってはフィクション以前にファンタジーの様な物。
決して知る事の出来ない感情を“読んで見たい”と思った。

別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
魂が宿るもの
ちょっと不思議に思うんですよね。

魂って何に宿るんだろうって。
もしくは…
モノに宿る魂って、何処から来るモノなのだろうって―――。
魂が宿るものの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
Invite me
私は良く「名前」の「漢字」を良く間違えられる。
病院だとか市役所だとか、そういった場所では当然ないのだけれど。

引っ越しの時に賃貸物件を紹介して貰った不動産屋からPCにメールが来た際には、苗字も名前も「漢字」が間違っていて流石にウケた。

まぁ私の名前も「珍しい漢字の組み合わせ」なのだから仕方がない。
同じ名前の友人知人、有名人もいるけれど、私と同じ漢字の組み合わせの名前はただの一度も見た事がないので、手続きの際に間違われるのだろう。
例えば、PCや携帯で一発変換とかまず出ないのだから。

だけど「読めない」という事はないのだ。
漢字が珍しいとは言われたり間違われたりする事はあっても、普通に読む事が出来る。ただ「どういう漢字ですか?」と訊かれると、説明が面倒臭い。
相手に解りやすく伝えられない。


ただ最近思うんだけど、最近の子供の名前って非常に珍しい漢字を良く見掛ける。芸能人が出産し、子供を産んだ、名前は「○○」。
おいおい、それ何て読むんだよ!って事、多くないですか?

しかも普通に音読み訓読みでニュアンスで読めるものならまだしも、所謂「当て字」だとどうしようもない。まず初対面で読まれる事はまず無いだろうと思わせる名前って、どういう気持ちでつけるんだろう?


日本中探しても二人と居ない名前をつけたいから?
名前に個性を持たせたいから?

将来、子供が大人になって初対面の人に読んで貰えない漢字で名前を付けるって、やっぱり独特の考えがあるからなんじゃないかなって思うんだけど、それがどういう気持ちなのかがイマイチ解らないんだよね。

一度訊けば「変わった名前だな」って覚えられるとでも思ってるのかな?
「この人、何て名前だったっけ」ってちょっと忘れられた時に、漢字見ただけで解らない様な名前じゃ、何だか可哀相な気がするんだけど…

ほんと、たまにニュースとか見てると…こんな言い方失礼だけどさ、その名前は子供じゃなくてペットにでも着けなよ…とか思う時があるんだ。

自分の子供なんだから別に良いけど。
でも人っていうのは、他人と関わって生きて行くものなんだから、もうちょっと人から読んで貰える名前にすれば?なんて思った…。



んで、父に「何で私の名前って、この漢字にしたの?まず誰も正しく覚えないんだけど」って純粋な疑問を投げ掛けたら―――



私の命名時に父の発言権は無かったそうです(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
FF、その他ゲームをやる人には面白い記事だと思う
ワロタニッキさんで、こんなの見つけた。
エリクサーを使い果たす奴→成功する 残す奴→カス

いやぁ、実に面白かったです(笑)


ちなみに私は残すタイプ。
とは言っても、苦戦する場合は使っちゃうけど出来るだけエーテルで対応。
でも、凄く後悔しますけどね~。

けれど私にゲームを教えた兄貴からは「ゲーム序盤で入手出来るエリクサーっていうのは、即刻店に売り現金に換えて装備を調えろ」って教わりました。

レベル低い時代の苦労よりも、レベル上がった時の苦労の方が余程対処のしようがある。でも序盤はいくら頑張ったってレベルもお金もないんだから、どうせ使わないエリクサーを取っておくなら最初に金にして、少しでも装備を調えてしまえって話なんですね。

最もだと思うんだけど、でも使えない。
何ででしょうね?(笑)

↑ちなみに兄貴はROの中でも同じ様な考え方、アコライトをジョブ40転職させてしまい、何でなのか聴いたら「アコライトの苦労は大変だけど、プリーストになってしまえばレベルあげが楽。アコで苦労するならプリで苦労した方が楽だろう」って話。

(けどこれは、まだアコライトのレベルあげ場所がろくになかった時代の話ですけどね。天津すら無かった頃は、本当に大変だったよね)


まぁ、ともかく。
たかがゲームと言いますが、エリクサー一つでその人の性格が読めるって言うのも面白いなぁと思いましたね。本格的な心理学ではないから鵜呑みにしないで欲しいんですけど、でも言いたい事って解りますよね?

色んな考えの人が居るなって思います。
ほんと、面白い♪
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
ネット内を「公の場」と思うか、規制の無い自由な世界ととるか
ちょっと毒気が強いかも知れませんが、思った事をそのまま書きます。
ネット内を「公の場」と思うか、規制の無い自由な世界ととるかの続きを読む
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
HAPPY NEW YEAR
あけまして、おめでとうございます。
今年も宜しく御願い致します。

去年は沢山の方がご訪問下さり、拍手やコメントを頂きました。
感謝の気持ちで一杯です。
普通の一ブログとして、コナンの二次作品サイトとして、
今年も変わらずお付き合い頂けると幸いです。


                             2011/1/1 元旦  真木 葵

別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0
| 月の庭園 | NEXT